天丼屋 営業日誌

同人サークル『天丼屋』の新店長『てんや』が綴る、同人に関係あったりなかったりのクソブログ

2015-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイフレ12お疲れ様でした。

4/26開催『レインボーフレーバー12』サークル、一般参加者の皆さんお疲れ様でした。

今回は初めての1人東京遠征&イベント参加でした。
二人だと何かとわずらわしいこともありますが、1人だと今度はヒマな上にひたすら寂しい・・・
それを紛らわすために部屋にいる間は常にipodで音楽垂れ流し。せめてDSくらい持っていけばよかった・・・



というわけでぼっち遠征だったんですが、遠征期間中は晴天にも恵まれてバスも遅延なく動いてくれたし、少し暑い位の
夏のような気温でしたがまだ風が少し冷たいおかげで快適な旅でした。
IMG_0670.jpg
ただ少し驚いたのは越後川口のSAにまだ大量の雪が残っていた事。山の上はまだ雪があるとは思っていたけど
まさか高速近辺でコレだけ残っていたのは割りと衝撃でした。
あと、この辺りが一番気温が高い気がしました。それでも溶け切らない雪すごい。





で、本題のレイフレ当日ですよ。
6時頃に一旦起きて、メシ食って、準備して、Goプリ観てさぁ出発。
コミケなら新橋にいってゆりかもめに乗り換え。流通センターならモノレールで一本。

ただ今回の会場が『大田区産業プラザ』。最寄り駅が『京急蒲田駅』。

京急?蒲田?

蒲田がわからないのに京急とかつけられちゃって。もぉー分からないですよ。
今回は新刊作業とアシスタントがもろカブりしたおかげで全体的に準備不足で挑んでしまいました。
サークルチェックもきちんとできなかったし、会場までの行き方もざっくりとしか把握できていませんでした。
とりま、行けばわかると高を括っていったら案の定品川駅でプチ迷子。
JRから京急に乗換えできずにモタモタ。京急の券売機の場所が分からずモタモタ。どれに乗ればいいのか分からずモタモタ。

おかげで到着が予定より遅れてしまいました。(それでもきちんと10時ちょっと過ぎには入ってましたが)
パンフ買ってスペース入ってそっから設営してたら時間はもう10:50。
顔出しする時間がないので開始直後にサークル回るついでに顔出し&挨拶。
IMG_0673.jpg
↑イベント開始後にとってないこと思い出して慌てて撮ったスペース


しようと思ったら想像以上に人が多くてモミクチャに。なんか出鼻挫かれて意気消沈。
回れるところは回って、簡単に顔出したりして、自分の巣にリターン。もう出ないぞ...


今回のレイフレ12新刊の『GoGoダークさん』
告知
上にも書きましたが、今回予定が狂いまくってかなり焦っての制作。ギリギリでの完成。
家に送ってもらわずに会場に直接搬入だったので現物を見るのはこの日がはじめて。
表紙の色味はおおむね思い通りでしたし中身もそこそこよかったんですが、予想外のミスがちらほらあって悲しい...
かなり気遣ってチェックしたはずが見落としがヒドイ。本当は裏表紙にサークルのロゴマークを入れてるんですが、
今回なんと真っ白。完全に忘れてました。

中身のミスも含めて、なんかしらの形で補完したい...ダークさん総集編とか。(やるかわからんしたぶんないけど)


ただ、今回の新刊、なかなか好評でした。
もともと50部(+余部8)とかなりの少数だったんですが、最終的に手元に残ったのは12部(内1部自保管用1部あげる用で実質10部)
タコ漫画なんかも割りと手に取っていただき盛況でした。

急遽制作したダークさんのミニ色紙も開始1時間以内(?)でハケてしまいました。ホントはもう数枚用意したかったんですが流石に時間が足りませんでした。

普段、pixivやツイッターでしか知らない方々のご尊顔も拝見できありがたやありがたや(・∀・人)。
でも、ビビリ倒して回ったさきでほとんど名乗ってないので、オレということに気づいていない方も多いと思います。
ビビリでサーセン(;ヘ_ _)ヘ 

「pixiv見てます」という人何名か来てくださってこちらもありがたやありがたや(・∀・人)。
本を買ってくださるのも嬉しいですが、普段の投稿や作品に対する感想などもとても嬉しいです。
大概何されても嬉しいです。

ただ雑に本を扱う奴、テメーはダメだ。



予定内のサークルが回れなかったのは悔しいですが、予定外のサークルさんとの出会いもあり非常に充実した
イベントでした。



もとが小部数ということもありますが、行きと帰りで荷物の総量がほぼ変わらないイベント遠征は初めてです。
たぶん当面は今回みたいに50部前後の小部数発行になるのかな?
というより100超をさばけると思っていた自分がアホなのだよ、まったく...
もう部屋を在庫に侵食されるのはまっぴらですよ。





今後は本を出し続けるのはもちろん、グッズにも手を出していきます。方向性も決まったので、あとは出すタイミング
ですね。
早ければ夏コミ(受かれば)、遅くても次回レイフレには出せるかな?



今回初めてサークル天丼屋を知った方々、ぜひぜひ今後とも当サークルをヨロシク。

いつもこんな感じのまとめだけどいいのかな?




それと、今回遠征で食ったものでも乗せときます。
IMG_0672.jpg
IMG_0677.jpg
IMG_0678.jpg
IMG_0681.jpg
スポンサーサイト

ちょっと息抜きに更新

ちょっとした息抜きのついでに更新をば。


以前、生放送をしているときに「絵を描くときに資料を見るか否か」という話が出ました。

勘違いしちゃいけないのは、

資料を見る=卑怯・腕がない

ではないこと。
むしろ上手い人は資料などを大切にしています。それこそPCに膨大な量の資料データが細かくフォルダ分けされています。
うまく描けない人、うまくならない人は往々にして資料の類を軽視しがちです(体験談)。

確かに資料などを見ずに描ける人はいます。
ただそういった人は見なくても済むくらいにその対象に精通している、描き慣れているから描けるんです。
何も見ずになんとなく描けばなんとなくのモノしか描けません。

生放送内でも使った例えですが、
作品の中で車を描くとします。それがスポーツカーでも乗用車でもいいですが、とにかく車です。

その車のライト、ドアハンドル、内部のメーター類を描くときすぐさま描けますか?

おそらく「なんとなく」は描けるでしょう。
でももしその作品を車好きの人が見たら、「この部分おかしくね?」と言われます。
別に詳しい人でなくても、なんとなく描いているとなんとなく違和感を与えてしまいます。

背景や小物はその世界観の説得力を作る重要なファクターになります。
そこに違和感があると世界に入り込みづらくなります。

背景に限らず、キャラクターの衣装などでも構造がチグハグになっていると描くのも大変ですし、見ている人もずっと「?」となって作品に集中出来ないかもしれません。

たとえ見慣れているものでもいざ描くとなるとわけが違います。
どんなものでも描くときには最低限の資料は用意する。(さまざまな角度から見た様子など)
もし背景なら実際に見に行く、写真を撮る。衣装や小物なら実物を持ってみる。
それだけで随分変わるはずです。

そこまでしなくてもネットで画像検索すれば大概のものはでて来ます。
めんどくさがらずに必ず探すようにしましょう。

それに、資料を探すのも案外楽しいです。
資料を見るクセをつけて楽しいお絵かきライフを。('A`)ノシ

 | ホーム | 

FC2Ad

 

閲覧者数

プロフィール

てんや

Author:てんや
サークル『天丼屋』の主『てんや』です。
気まぐれにサークルの情報やら関係ないことを更新します。
・連絡先:tendonya.oresamax@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
告知 (25)
日記 (7)
ぼやき (41)
クソ漫画講座 (7)
ビッグオーちゃん (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。