天丼屋 営業日誌

同人サークル『天丼屋』の新店長『てんや』が綴る、同人に関係あったりなかったりのクソブログ

2017-08

第二回

需要の有無に関係なく続けます。
今回第二回です。ご覧になる場合は長いですが前回から見る事をオススメします。第一クソ漫画講座

では本題。

前回は頭から胴体のアタリの取り方について解説しました。
今回は残りの脚、腕を解説したいと思います。引き続き、『こういうやり方もあるんだな』くらいの気持ちで見ていって下さい。

前回の腰の部分から続けていきます。
05.png
脚を描く上でまず基準となる股関節のアタリを描き加えます。
07.png
腰の端から中央までの直径の円を二つ描きます。コレを太ももの太さ、太ももの稼動範囲の基準にします。
正面からだとあまり意味がありませんが横や後ろから描く場合、このアタリがヒップラインの基準にもなります。

ここから一気に脚を描きます。
08.png
脚全体の長さは胴体の長さと同じ~やや長いくらい。太ももとふくらはぎは同じくらいの長さです。
長い脚を描きたい場合はふくらはぎのほうを延長しましょう。太ももを長くすると胴長のように見えます。
(長くする場合もせいぜい足首一個分くらいの延長に留めたほうがきれいに見えると思います。)

ヒザ、足首の太さは
 ヒザ:腰の半分くらい
 足首:ヒザの半分くらい(腰の1/4くらい)

足先は足首の辺りと同じくらいの大きさの三角もしくは台形で描きます。(足先は説明が難しいのでいずれ別でやります)

それと、あっておなくてもいいかもしれませんが、股間の部分に逆三角のアタリをいれたりもします。
理由としてはパンツルックのとき、シワを描く基準にしたりしますが、正直無くてもいいと思います。


ここまでが脚のアタリです。
ここらが腕のアタリ。

といっても、ほぼ脚と同じです。
10.png
肩のアタリをまず取ります。大きさは大体胸の1/4くらいの大きさ。丁度十字が描いてあるので基準にしてください。
ここも体格によってかなり変動しますが、大抵はこのくらいでいいと思います。

次に腕。
全体の長さは見ての通り胴体とほぼ同じ(手を除く)。
肘の位置はアバラの辺りまで。手首は腰の下辺りまで。
ここに手がつくと丁度ポケットに手が入る位置になります。
(手の部分もいずれ別で解説できたらいいな)

腕全体の太さは 『肩=肘≧手首』 の感じ
肘から手首にかけてだけ太さを少し変えると人の腕っぽく見えます。
デフォルメするならほぼまっすぐでもいいと思いますが、そうでないなら細身のキャラでも肘付近が少し盛り上がる事を意識すると肉感が出ます。


これで、全身のアタリを取ることができました。
あとはコレにあわせて下描きを描くだけです。

参考になりましたか?なりませんでしたか

自分はいつもこんな感じでアタリを取っています。もっと簡略化してササっとやる事が多いですが、
ポージングに詰まったときはこのアタリの取り方を参考に描いています。

これでデッサン(全身のアタリ)についての解説は終わりです。
次は別のことを解説しようと思いましたが、全身デッサンについての補足というか予備の解説をもう少しだけしたいと思います。

では、興味がありましたらまた次回。('A`)ノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tendonyasan.blog.fc2.com/tb.php/44-1f4cb80b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

閲覧者数

プロフィール

てんや

Author:てんや
サークル『天丼屋』の主『てんや』です。
気まぐれにサークルの情報やら関係ないことを更新します。
・連絡先:tendonya.oresamax@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
告知 (25)
日記 (7)
ぼやき (40)
クソ漫画講座 (7)
ビッグオーちゃん (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR