天丼屋 営業日誌

同人サークル『天丼屋』の新店長『てんや』が綴る、同人に関係あったりなかったりのクソブログ

2017-10

第3回(補足という名の蛇足)

とりあえず先にこちらを見てください。(見なくても大丈夫です)
第一回
第二回


前回前々回で解説してきたオレ流のデッサン。今回は補足という名の蛇足になります。
まぁ予備知識みたいなものです。さらっと見てください。



前回前々回で解説したデッサン(アタリ)ですが、10代の女の子の想定で描きましたが当然年齢や性別が変われば
デッサンも大きく変わります。
そこで、どんなに体格が変わっても一通り使えるデッサンの方程式をば。
個人差は当然ありますが、たいてい人の体のパーツの比率はおおよそ一定です。
前回前々回でほぼ説明してますが、まず胸の部分を基準に考えます。

・胴体はおよそ胸の2倍の長さなので【胴=胸×2】

・下半身(腰~足)は全身のおよそ半分なので【下半身=身長1/2】
(キャラによりますがオレは下半身は大体胴体と同じからやや長いくらいに設定してます)
太ももとすねはすねのほうがやや長いほうがきれいな足に見えます【すね≧太もも】

・腕は胴体とほぼ同じ長さ【胴体=腕】
 ついでに言うと両腕を横に伸ばした全長はほぼ身長と同じなので
 【前腕=上腕=胸の幅】【胸の幅×5=身長】

なので、考え方としては
【 ( 下半身(スネ+太もも)≧胴体(胸=腹)=腕 ) 】

あくまでざっくりとした捕らえ方です。腕だけ、脚だけ描くときにおよその指標に出来ると思います。
あくまでざっくりとした指標なので、キャラによっては変える必要もありますし人によってはイジったほうがしっくりくるかもしれません。
たぶんどっかで使えるかもしれません。



最近ツイッターで見かけたんですが、あらゆる人のアタリの取り方一覧、みたいなものがありました。

その中で今回解説してきたやり方もあったんですが、その一覧の中の解説には『動きが少なく硬い印象になる』とのこと。

事実です。

ハッキリ言ってデッサン人形をこねくり回してるのと同じで、人らしい動きのあるポージングにはなりにくいです。


ただ、他にもやり方はありますがそのどれもがいきなりやって習得するのは非常に難しいと思います。
今回紹介して方法を含めて、基礎的なデッサンやアタリの取り方を反復してやりこんで描いて体に馴染んだところで
次のステップに行きましょう。
それにどの方法もまぁまぁ一長一短なので、自分に合ったやり方を探ってください。
今回解説したのも一つの方法、選択肢です。
いるトコを飲んでいらなければ捨てればいいだけです。

描け!若人('A`)9m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tendonyasan.blog.fc2.com/tb.php/46-15cc034d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

閲覧者数

プロフィール

てんや

Author:てんや
サークル『天丼屋』の主『てんや』です。
気まぐれにサークルの情報やら関係ないことを更新します。
・連絡先:tendonya.oresamax@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
告知 (25)
日記 (7)
ぼやき (41)
クソ漫画講座 (7)
ビッグオーちゃん (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR